大切な相棒を守る|ペット保険でできること

カップルと犬

心を込めて送り出す

墓

自宅供養が人気

ペットの火葬が終わった後のペット供養の方法には、ペットのお墓を立てるペット霊園や海洋葬など様々なものがあります。現在最も人気の方法となっているのが自宅供養です。自宅供養は、現代のスタイルに合ったペット供養の方法として人気があります。ペットをいつでも身近に感じることができる、将来的にペットと同じお墓に入ることができるなどといった理由から注目を集めています。自宅供養をする場合、自宅にペット用の祭壇を作ったりペットが好きだったものをお供えしたりと、それぞれ思うように供養をすることができます。現在では、ペット用の仏壇セットや骨壷、ろうそくやフォトスタンドなど様々なグッズも販売されていて、好きなようにお供えができるようになっています。

管理を怠らない

ペット供養を自宅で行うという方法は、法律的にも認められています。一般的には亡くなった後はお墓に入れるというイメージがありますが、お墓にいれなければならないというわけではありません。保管場所や保管方法も個々で自由となっています。しかし、保管場所や保管方法によっては遺骨の状態が悪くなってしまう可能性があるため、気を付けたいポイントがあります。遺骨の状態や保管場所の環境によっては、カビが生えてしまうことがあります。そのため、火葬後の遺骨は完全に灰や炭になり乾燥した状態で受け取る必要があります。また保管場所についてですが、長い時間湿気や温度が高い場所に置いておくと、結露が発生してカビにつながります。風通しがよく湿気の少ないところで保管することが大切です。自宅でのペット供養は自由に行うことができますが、しっかりと管理を怠らないようにしましょう。