大切な相棒を守る|ペット保険でできること

カップルと犬

犬や猫が亡くなったら

お線香

専門の業者に依頼しよう

最近は犬や猫などのペットが亡くなってしまったら、ペット火葬の業者に依頼することが一般的になってきました。その場合業者はペット専用の搬送車で、自宅まで遺体を引取りに来てくれます。簡単なペット火葬は、遺体がある程度集まったらまとめて火葬します。その際の遺骨は、家族に返却されず全て供養塔などに埋葬されます。お骨が欲しい場合は、個別に火葬することができます。その後、火葬が終わったら業者が骨壷にいれたお骨を、家族に届けてくれます。また、ペット火葬に立ち会い拾骨をすることもできます。ほかには火葬車に出張してもらい、自宅や近所の空き地で火葬をすることもできます。火葬車で火葬できるものは、一般にはペットの大きさが10kgまでが基準となります。

遺骨を納めるには

ペットの遺骨は、自宅の庭に埋葬しても法律的には問題はありません。しかし、最近はペット霊園や供養塔、納骨堂などに納める人が増えています。これらはペット火葬業者が運営していたり、提携しているものがほとんどです。霊園は人間のお墓と同じように個別の墓があります。共同霊園は大きな供養塔の下に、ほかのペットの遺骨と一緒に埋葬します。これは個別霊園と比べて費用もかなり抑えることができます。納骨堂はロッカー式や棚式、個室式などがあります。ここにはペットの位牌や写真、花などを備えることができます。通常は期限付きで預かってくれるので、その後は供養塔に埋葬することもできます。納骨堂はお墓のように掃除などのメンテナンスの必要がないので便利です。